宮崎てげてげ音頭・・・。

聞いたことないけれど・・・。(そうスマスマを見なかったから)
「宮崎てげてげ音頭」が話題らしい。
「てげてげ」っていうのは、「いいかげん」とかいう意味があるらしい。
東知事って、本当にアイデアたくさんでいいよなー。
印西の市長さんや市議さんも、まねでいいから、見習えばいいのにな。
凡人は天才のまねをすることから始めればいいと思う(これって暗に彼らを凡人と言っている?)
「印西ふずふず音頭」なんてどう?
地元の人って、「ふずふず」言うのよねー。
Yポンはいくつか、地元の会社でパートしていたけれど、
みーんな「こうゆうふずにやったら?」とか、「そうゆうふずにする」とかいうの。
ようするに、「そうゆうふうに」という、「ふうに」が「ふずに」になまるらしい。
方言なんですね。
ただ、地元の人は、あんまり気づいていない。

ふるさと勝浦でもその地を離れるまで気づけない方言みたいなものがある。
たとえば、「背中をかじる」と「背中をかく」
勝浦では、かじるというのですね。「かゆい背中をかじる」のです。
「林檎をかじる」とは、似て非なる「かじる」なのです。

それが、勝浦特有だと知ったのは大人になって、船橋へ引っ越してからなのでした。
それでも、同郷人と結婚したYポンは、「かじる」のまま、息子を育てたものだから
すっかり息子も「背中をかじる」派に・・・。
大きくなって世間を知った息子から、「違うじゃねーかよー。背中をかくだろー」と
間違った子育てを指摘されたのでした。

そんな風に、ちょっと違ったおくにのことを、おはやしでも、音頭でも、歌にしちまうのは
古いようで新しい手段だなー、こうゆうふずに思うのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

葉桜
2008年01月26日 22:26
宮崎に住んでいますけど、「てげてけ温度」はどうなんでしょう・・・。微妙です。
宮崎弁といっても宮崎の地域によって違いますが、
東知事はやや鹿児島よりの宮崎弁という感じでしょうか・・・。
宮崎でも一部、「背中をかく」ことを「背中をかかじる」と言います。著しくかくときに使います。
猫が引っかいた時も「猫がかかじった」と言いますし、痒くてたまらずかきむしった時も、「かかじって
しまった」と言います。勝浦のかじるに少し似ていますね
Yポン
2008年01月28日 12:02
コメントを見逃しておりますした。ごめんなさい。
宮崎のかたからコメントを頂けるなんて、ありがたいことです。「かかじる」とは、勝浦の上を行くお言葉です(笑)またお会いいたしましょう

この記事へのトラックバック

  • 返済

    Excerpt: 債権者は、債務者から元本(元金)、及び利息を受け取る(回収する)権利があり、債務者は、融資金額の元本と、融資金額にかかる利息を支払う(返済する)義務がある。返済の方法には、以下のような方式がある。元利.. Weblog: キャッシングのことなら racked: 2007-11-24 10:08