本日休業営業日記10/10

Y姐さんが「オタクリョク」と書いてくれたので休みながらの書き込み。
Hは単純なんで何かに惚れ込むととことん調べまくるクセがある。
一例を挙げれば、かつての営団地下鉄、現東京メトロ。
今では誰も信じてくれないが、Hは子供の頃虚弱体質でしかも小児ぜんそくであった。
小学2年生の頃、かなり重篤なぜんそく発作に襲われた。
それを救ってくれたのが、中野坂上の国際仁友病院。(現 仁友クリニック)
当時は、ぜんそくに苦しんでいる人には駆け込み寺的な病院であった。
というわけで、東京メトロの丸ノ内線・銀座線・東西線には思い入れが深いわけである。
当時浦安に住んでいたので、退院後もしばらく毎週土曜日に中野坂上までこの3線を乗り継いで通っていた。
当時は自分と同じような子供がたくさんいたのだろう。営団職員の方も浦安ー中野坂上間の回数券を中野坂上駅で購入する際に気を利かせてくださって、浦安までの運賃を「発行済み乗車証(だったっけか?)」でずいぶんおまけしてくれたりした。時は地下鉄50周年の頃である。ちなみに、中野坂上駅では昭和52年当時から乗車券の裏が茶色の自動改札であった。
当時の毎週の楽しみは、50円を投入して自販機から出てくる中野坂上駅の自販機の一杯のコカコーラだった。
自分の母親も日比谷線が開通前の当時の地下鉄互助会で若い頃、丸ノ内線霞ヶ関駅で勤務していた経験があるので、まるっきり無縁でもなさそうである。

そういう経緯もあり、読めない漢字を辞書で調べつつ営団地下鉄に関する本や資料を読みまくり、営団地下鉄に詳しい人間になったわけである。
やはり、人間て心が動かされる状況じゃないと全身全霊で何かにのめり込めないと思う。

いまここに、旧帝都高速度交通営団の職員の方が出版した「営団地下鉄車両写真集」が手元にあるが、ぜんそく発作とは縁を切ることが出来たHにとっての宝物である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック